すぐに行動に移したくなる情報をお届け!

円満退職するために必要なことは?

円満退職するために必要なことは?

できるだけ円満退職を

転職を考えれば現在の職場を辞めることになることは当たり前ですが、辞めることを歓迎されるということはないですし、あったら悲しいですよね。でも円満に退職をして送り出してもらえるならそれがベストのはずです。それではお互いに今までありがとうという感謝の気持ちで離れる円満退職をするために必要なことを押さえておきましょう!

就業規則の確認

退職願の提出後から2週間で雇用関係が解消されることが法律で決められています。しかし実際には2週間というのは雇う側からするとあまりにも短いので、就業規則によって1ヶ月から2ヶ月前に予告することなどが定められている場合があります。そのため転職活動中にはこの辞める前に予告することが必要な期間をしっかりと押さえておかなければなりません。しかし、就業規則<法律の関係なので、2週間で辞めることはできます。ただこれでは円満退職は難しいということは、理解できますよね?

辞めづらい時には

書面で退職の意思表示をするのが退職届ですが、やはりどこも人手不足ですし引き留められるケースはとても多いです。そして強引な引き留めを振り払おうと思えば、なかなか円満な空気にはできないですよね。円満退職がどうしても難しいのであれば、転職の方が優先なので最悪諦めてしまっても良いと思います。
というのは極論なので!引き留められた場合でも辞めやすいような口実を考えておくのがおすすめです。例えば他の診療科を経験してみたいという口実や、看護師としてのスキルを向上させたいなど、そして結婚といった家庭の事情。これらはなかなか引き留めるのが難しい口実です。ただ、皆さんもちろんわかると思いますが、嘘をつくと後々かなり大変なことになりますので控えましょう。

引き留めを断る

円満退職に必要な辞める口実。これはなぜ病院側が引き留めるのかを知っておくことで答えが見えてきます。それには大きく「人手が足りない」「看護師の採用活動が大変」「教育や研修の時間がない」の3つが考えられます。そのため「今は人手不足だから」という引き留め方が一般的になってきます。
考えてみればわかりますが、人手が足りないというのはこちらの責任ですか?もちろん違います。そのため人手不足に関することはこちらが考えることではないのできっぱりと断りましょう。それで怒られたりするなら辞めた方が良い病院と言えますね。本当に自分のことを考えてくれている病院ならば、スキルアップしたい、もっといろんな経験をしたいという真剣な口実には応えてくれるはずです。

東京で働きたい看護師におすすめ!